JCF2022講演 悪性胸膜中皮腫「近年の治療法拡大に伴う治療選択の課題」&「悪性胸膜中皮腫よろず相談室」のご案内 8月6日

今年もJCF(ジャパンキャンサーフォーラム)において共催セッションを開催します。今年は国際医療福祉大学成田病院 呼吸器内科教授 多田 裕司 先生に講演していただきます。


講演:近年の治療法拡大に伴う治療選択の課題

2021年5月に一部の悪性胸膜中皮腫に対して、オプジーボ(ニボルマブ)とヤーボイ(イピリニマブ)の併用療法が認可された。この段階で中皮腫と診断された患者は大きく分けて次の4つの治療選択を迫られる。(1)手術、(2)アリムタ  (3)オプジーボ単剤投与、(4)オプジーボとヤーボイの併用療法。治療選択の考え方について解説する。

日時:8月6日(土)8月6日(土)12:0012:45

会場:JCFオンライン第3会場

視聴方法:JCF参加申込み(当日視聴サイト)からお申し込みください。

講演者

多田 裕司 ( ただ ゆうじ )
国際医療福祉大学成田病院 呼吸器内科教授

胸部悪性腫瘍を専門とする臨床腫瘍医です。千葉大学在籍時から現在に至るまで、悪性胸膜中皮腫の基礎研究、臨床試験をはじめ、多くの患者さんの治療に当たってきました。

司会者

平田 勝久 ( ひらた かつひさ )
NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊 運営委員

2018年8月に腹膜中皮腫の診断を受ける。発病前から会社の代表取締役を務めていたが2020年3月には辞任し、現在は週1日程度で出勤して仕事を続けている。中皮腫サポートキャラバン隊の一員として全国各地で講演などをしている。

よろず相談室:悪性胸膜中皮腫よろず相談室

限定10人前後の少人数相談会です。悪性胸膜中皮腫の治療に関して、皆さんからのご相談に多田先生が回答します。おひとり5〜10分ほどの持ち時間でご相談して頂きます。相談内容はこの相談室にご参加されている方にも共有されます。少人数のミーティングをイメージして頂ければ幸いです。

日時:8月6日(土)13:00~14:30

参加対象者:悪性胸膜中皮腫の患者さんとご家族                            ※運営上、人数を10名前後に制限させて頂きます。定員になり次第、募集を締め切らせて頂きます。可能な限り、12:00〜の講演を視聴の上、ご参加をお願いします。

申込・参加方法:こちらからお願いします。「お問い合わせの種類」の「その他」にチェックを入れて頂き、お問い合わせの内容に「よろず相談室参加希望」と記入して頂き、当日の相談内容を簡単で結構ですのでご記入ください。オンラインを利用して実施致します。お申し込み頂きました方に当日の参加方法をご案内します。